2018 07.13 Fri

外壁塗装とクラック(ヒビ)補修

今回は外壁塗装のお話ですが、モルタルの壁にヒビが無数にありました。

窓廻りに特に多いです。

地震の影響ですかね~

 

今回はこのヒビ補修をメインに進めます。

よくシーリング剤を塗って塗装をする、というパターンが多いと思います。

しかし、みみず腫れみたいになって美観を損なう事がありますね。

よくそういう外壁塗装を見かけます。

 

せっかく塗装するなら、新築みたいにキレイにしたい、そんなご要望にお答えすべく、今回はVカット補修をします。

グラインダーのカッターでヒビをVの字にカットします。

そして、モルタルを詰めます。

その後、目立たない様に下塗りをする訳ですが、ドロッとした下地剤を穴の開いたローラーで厚塗りします。

模様が付く塗り方なので、補修部分をカバーします。

 

上塗りをします。

ヒビの補修痕が目立たないですよね。

全体の仕上がりです。

こんな感じで、外壁塗装工事もただ塗る、ということではなく、キチンと左官仕事も入れるということが、キレイに仕上げる要素だと思います。

 

昭和技研はいろんな職種の職人が対応しますので、このような事が出来ます。

ご相談とかありましたら、お気軽にお声をかけてください。

 

樋口

 

PAGE TOP